選ぶ際のポイントや、どんな目的で利用されているのかを紹介

お手軽整形をしよう

目元

簡単整形の種類や内容について理解しよう

福岡で営業を行っている美容整形外科ではプチ整形というものを扱っています。本サービスは一般的な切開を行う整形よりも非常にコストパフォーマンスに優れているのがメリットです。基本的にプチ整形は切開を使用しません。メスを使う以外の行為をして整形をすることができるので、体への負担もかからず人気があります。具体的にどのような整形メニューがあるのかというと、有名なもので埋没法というものが用意されているので知っておくと良いでしょう。埋没法というのは医療用の糸を使用して二重まぶたを作ってくれるサービスです。糸は点留めというものが設定されています。留める点数によって埋没法の耐久力が大きく変化します。例えば1点留めと比較したときに3点留めの方が耐久性が高いです。その分費用などもかかるのですが切開よりも安価です。また埋没法はメスを使用しないだけにダウンタイムも殆どないのがメリットでしょう。まぶたの腫れなども少なく化粧などもすぐにすることができます。福岡の美容外科で扱っているプチ整形にはシワ治療もあります。シワ治療は物理的な施術を行い顔の皺を取り除いてくれるのがメリットです。例えば安全性の高いヒアルロン酸などを皮膚に注入してシワを改善します。基本的にヒアルロン酸はムコ多糖種であって人間の体にもあります。そのため体内に注入をしてもアレルギー反応が発生しないのが強みです。事前アレルギーテストなども不要なので手間がかかりません。またシワ治療にはボツリヌス菌を注入するボトックス注射も用意されています。

プチ整形とはどのような内容なのか初心者の方は知っておくと良いです。基本的に福岡の美容外科で行っているプチ整形は誰でも気軽に利用できるものです。メスを使用しないため施術時間が非常に短く、一回あたりの作業時間は30分程度です。また15分くらいで終了するものもあるので、仕事で忙しい人も気軽に利用できます。またプチ整形は未成年の方でも利用できるのがメリットです。その場合は親の許諾書が必要になるので美容外科のホームページからダウンロードしましょう。福岡の美容外科でプチ整形をするときには、どのようなサービスを行っているのか知っておくと良いです。基本的にプチ整形は見た目を改善するものがメインです。中には気になる部分のほくろを除去してくれるものもあります。ほくろは色素性母斑とも言われているもので、皮膚の一部のメラニン色素が周囲よりも高い密度で集まっています。ほくろは美容外科で除去するときには電気分解法というものが利用できます。電気分解法は電気エネルギーを利用してほくろを分解処理するものです。基本的に電気分解法を使用するとき、除去するほくろの範囲により値段が変動します。例えば5mm以内のものだと1箇所1万円で処理してくれるといった具合です。電気分解法は電気メスの原理を使用して熱により処理を行います。きれいに取り除くことができるのがメリットでほくろを直接焼却します。むくみや腫れは多少ありますが、時間とともに治るので心配はないでしょう。ちなみに美容外科はカウンセリングを行い患者に適切な施術を提案してくれます。

Copyright© 2020 選ぶ際のポイントや、どんな目的で利用されているのかを紹介 All Rights Reserved.