選ぶ際のポイントや、どんな目的で利用されているのかを紹介

知っておくと良い情報

注射器

施術内容と施術を受ける流れ

プチ整形というワードが普及したことから、メイク感覚の延長で施術を受けてみたいと考えている人が増えています。ところで美容整形外科というと東京や大阪などに多く集まっているというイメージがあります。しかし、大規模な美容整形外科の場合、全国各地にクリニックを展開するところが増えています。福岡でも「○○クリニック福岡院」というような名称を掲げているところがあり、有名な美容整形外科の施術を受けることが可能です。ところで一口にプチ整形といっても、色々な種類があります。一般的にはメスを使わない施術のことを指しますが、二重まぶた術やヒアルロン酸注入やボドックス注射などが挙げられます。二重まぶた術の場合、糸を留めてラインを作る埋没法が該当します。糸を留める箇所は患者の希望によって変わるため、カウンセリングでの話し合いが重要です。料金も糸を留める箇所によって変わってきます。ヒアルロン酸注入の代表的なものは涙袋形成です。これは下まつげに際にヒアルロン酸を注入します。これによって下まぶたの涙堂と呼ばれる部分がふっくらボリュームアップするので、笑顔が綺麗になり全体として優しい雰囲気になります。涙袋形成することで周囲からの好感度が上がることから、プチ整形の中でも人気の施術です。ボドックス注射は、顔のえらが出て気になる人に向けて行います。えらに直接ボドックスを注入することで、筋肉を委縮させます。すると筋肉が退化するので、えらがなくなりほっそりした顔に変化します。徐々に変化していく性質があるので、周囲にも気づかれにくいです。

比較的手軽に施術ができるとして人気があるプチ整形。メスを使わない施術であるため、腫れや出血があまりなく体にかかる負担は比較的少ないです。施術内容には10〜20分程度で済むものもあり、メイクや洗顔も施術翌日からできることもあります。少しでも美しい顔にしたいと考えて、プチ整形に関する情報収集をしている人も少なくありません。福岡のような大都市では、プチ整形を行っている美容整形外科は多いです。福岡の繁華街にあるクリニックではビルのワンフロアを使って開業しています。また、クリニック内もプライバシーに配慮した構造となっているので、周囲の目を気にせずに安心して施術が受けられるでしょう。ところで、プチ整形に関心があって情報を集めていても、ビギナーにとっては分からないことだらけかもしれません。そのような人は、まず美容整形外科を受診するまでの流れを把握しておくと良いです。何故なら、流れを把握することで少しでも不安が解消されるからです。まずは予約からですが、メールや電話どちらからでも可能です。もし電話のやりとりが苦手であれば、メールで済ませてみましょう。予約当日に受付窓口に行きますが、そこで問診票の記入を行います。氏名や住所以外にも、希望する施術・既往歴・服用している薬などを聞かれることが多いです。安心して施術を受けるためにも、質問事項には正確に答えましょう。問診票の記入が終われば、カウンセリングまで待合室で待機することになります。カウンセリングはとても重要であり、具体的な施術内容をドクターとしっかり話し合います。カウンセリングの内容と提示された金額に納得できれば、施術を受けることになります。

Copyright© 2020 選ぶ際のポイントや、どんな目的で利用されているのかを紹介 All Rights Reserved.